その他

じいちゃん、ばあちゃん、子供、妻でも、怪我なく安全に犬の散歩をする方法

イージーウォークハーネス

リードを引っ張る癖をもつ犬には、イージーウォークハーネスを試してみよう。

先日、犬友に、引っ張り癖のことを相談したら、イージーウォークハーネスを勧められました。

老犬・高齢犬になっても元気に散歩を楽しむために、散歩中の躾(しつけ)はとても大事。

躾が出来ていないと、散歩も億劫となり、時間や距離も短くなります。

飼い主も愛犬の健全な関係を保つためにも、引っ張り癖だけは治さなければなりません。

そこで、この「イージーウォーク」です。

結論は、効果は絶大でした。

犬の本能や習性を考慮して作られたこのハーネスは、引っ張る犬に最適です。

程度の差はあるかもしれませんが、かなり改善されるでしょう。

引っ張り癖が治れば、首への負担も減り、それにともなう病気やケガ、飼い主の転倒防止にもつながります。

このイージーウォークハーネスは、「散歩が大変だ」と嘆いていた妻とにとって最高のアイテムでした。

奥さんや子供が安全に散歩にできるようになるためにも、ぜひ利用してみましょう。

選び方

愛犬の体にあったサイズ選びが大事です。

このハーネスは、「ゆるふわ」で装着することで、引っ張り防止効果を発揮します。

ピッタリにつけてしまうと、歩行できなくなってしまいます。

そのため、調整を「ゆるふわ」に合わせなくてはなりません。

この「ゆるふわ」設定が個体差によって大きいため、胴回りなどを正確に測定し、その値が調整幅の真ん中あたりになるものを購入しましょう。

商品自体、調整を広く設定できるようにしています。

犬の毛質だけで数センチはすぐに変わってしまうため、前後に余裕をもったサイズを選びましょう。

季節によって、毛の量も変わり、きつくなったり、緩くなったりします。

(引用 楽天画像より)

300を超えるコメントもあるの、サイズや使用状況が分かります。

 

 

 

 

関連記事

  1. 臨終前?老犬が亡くなる前の様子とは|後悔しない最後の見届け方
  2. 足腰が弱り始めた老犬。歩けなくなる前にできる6つのこと 運動編
  3. 老犬(シニア)は、何歳まで元気で過ごせるのか。(25歳を超えるこ…
  4. 手作りダブルリード(犬用)で散歩しよう。|事故・怪我防止・気管虚…
  5. ハスキー犬を飼う前に知っておきたい「費用」から「しつけ」までの7…
  6. 愛犬と一緒に軽井沢にお出かけ。おすすめスポット4選。ドックランも…
  7. 犬〇を作れば、トイレや留守番の失敗から病気の心配だって楽しめる。…
  8. Husky mix old dog 16歳の老犬ハスキーミックス|愛犬の最後のメッセージを受け取れた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP