その他

失敗しないための「ペット保険」の選び方|安い保険料、充実した保障

ペット保険

ペット保険を悩み過ぎていませんか。

「結局、何を大事にして、保険を選べばいいの」

と思うことありますよね。

そこで、私が各保険会社に直接問い合わせ分かったことは、

「ペット保険は消去法で選ぶと失敗しない」ということがわかりました。

他のサイトとは異なる視点で、ズバ!っと保険を評価します。

今回の保険の選び方は、コストパフォーマンス重視法です。

他のサイトで紹介されている「至れり尽くせりのサービス」を検討している方には不向きな記事となっています。

逆に、

「保険に入りたいけど、保険料が高いな。」

「保険料が安く、保障がしっかりした商品ないからしら。」

「年齢が上がっても保険料が安くて、保障もしっかりほしい」

こんな悩みを持っている方には、ぜひ一読ください。

1 不要なサービスは要らない

犬は、健康寿命が人間と比べて短いため、多くの保険会社は収益性を高めるために「保障内容」よりも「使いやすい保険」を設計しています。

この「使いやすい保険」とは、過剰なサービスの提供を意味します。

〇〇サービスと聞くと、「無料でお得」というイメージがありますが

保険の場合、「サービス=コスト」ですので保険料の値上がりを意味します。

そこで、ペット保険に不要と思われるサービスをピックアップしてみると、

・しつけや健康相談

・迷子捜索

・セレモニー費用

・ペット用車イス負担

・ペット関連施設の利用割引

・窓口清算

などです。

このようなサービスは、保険会社が提供しなくてもよいものです。

上記のようなサービスを提供している保険を外すことで、安い保険料で充実した保障内容の保険を見つけることができます。

2 適切な免責金額・支払制限額がある

ペット保険

ペット保険の免責

次に免責金額(自己負担金額)や利用制限などを見てみましょう。

保険の中には、免責金額が少なく、通院費用1円から保障しているものもあります。

一見、こんなサービスはうれしいのですが、保険料は数倍に跳ね上げります。

逆に、

免責金額が14000円になる商品もあります。

保険料が安くても、ここまで高額な金額が免責(自己負担)になれば、殆ど利用する機会がなくなりますね。

「いざ!」という時だけに限定すれば、こんな保険もありですがよく考えたほうがよさそうです。

支払い限度額についても、無制限と聞けば安心ですが、制限があったほうが保険料は安くなります。

50万ほどあれば、ほとんどの手術はカバーできますので、過度な保障は求めないことをお勧めします。

3 広告費をあまり使っていない。

広告をバンバン打っている会社になればなるほど、保険料が上がります。

口コミで伝わったような商品が丁度よいでしょう。

4 大手よりも中小企業

少額保険は、大手から中小企業まで参入しています。

今の時代、大手だから安心という理論は成り立ちません。

大手であればあるほど、人件費も高くなります。

一方、中小の保険会社は、ある特定分野の保険に特化しています。

特化した分野で、長くシェアをもっている中小企業の保険会社がお勧めです。

5 保険料が安くて保障が良い会社は

今までのポイントを踏まえると、

・不要なサービスがない。

・適切な免責金額(特に通院に関して)がある。

・年齢が上がっても、保険料の値上がり率が低くいもの。

・支払い限度額がある

・過度な広告をしていない

・大手でなく、中小企業の保険会社

消去法で残った保険は、以下の2つになりました。

1位 ペッツベスト少額短期保険株式会社

2位 株式会社FPC

3位 あたなたが気になった保険各社

特にペッツベストは、高齢になっても保険料が安く、継続でき、保障も必要な時にしっかり保障。

FPCもシンプルで利用しやすい保険ですね。

この2つの保険を軸にして、他社を保険を比較すると良いと思います。

まとめ

保険は、いざっという時に利用するものです。

すべてに安心を与えるような保障にしたら、保険にはなりません。

以下のような保険は、保険料も高額となり、自分で「ペット貯金」として貯めた方がよいでしょう。

A保険は、保険の請求手続きなし。(便利な窓口清算)

B保険は、気楽に保険が使えるように、通院費用も1円から保障(免責0円)

C保険は、気楽に獣医と24時間 365日 相談

D保険は、通院回数・上限 なし

保険の数だけ特徴がありますが、保険料を安く、良質な保障にするためには、

「窓口清算」「免責(自己負担0円)」「無料相談」などのサービスをなくした保険がベストです。

皆さんの悩みに少しでもお役にたてばうれしい限りです。

超簡単な保険の選び方を紹介しておきます。

ペッツベスト少額短期保険株式会社 

の保証内容と気になる保険を比べて選べば大きな選択ミスなくなるでしょう。

 

関連記事

  1. 老犬 高齢犬のためのペット保険 10歳以上の高齢犬・老犬に、貯蓄よりも「ペット保険」をすすめる理…
  2. 臨終前?老犬が亡くなる前の様子とは|後悔しない最後の見届け方
  3. 甘噛み対策 子犬 方法 しつけ 犬の甘噛みに困ったら読む記事|成犬になってもあきらめない、甘噛み…
  4. 犬 長生き 方法 愛犬が長生きする秘訣はゲージ訓練だった。
  5. 甘噛み対策 子犬 方法 しつけ 犬の「しつけ方」に困ってませんか。甘噛み対策から犬のしつけ方を考…
  6. ペットの薬代(フィラリア、ノミ退治等)を劇的に節約する方法。
  7. 実録!保護犬を飼って分かったこと。飼う前に確認したいこと
  8. ハスキー犬を飼う前に知っておきたい「費用」から「しつけ」までの7…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP