その他

犬の甘噛みに困ったら読む記事|成犬になってもあきらめない、甘噛みしつけ法

甘噛み対策 子犬 方法 しつけ

甘噛みにこまってませんか

子犬の時は、あっちも、こっちもガリガリ、と噛んでいました。

犠牲になるのは、スリッパや椅子の脚

しかし、犬は成長過程で「甘噛み」は仕方ありませんが、「しつけ」をしなければ、「噛み癖」がついてしまいます。

そこで、「だめ」「コラ」と大声で怒鳴ったり、叩いたり、鼻を押さえたりすると、逆効果になります。

一時的に注意してやめさせるのでなく、犬が「よくないこと」と理解し、「好ましい行動」に導くことが大切です。

「甘噛みのしつけ」で「好ましい行動」とは、噛んで「よい物」と「ダメな物」を分けてあげること。

そこで今回は、甘噛みを例にしながら「しつけ」について考えたいと思います。

1 なぜ、叱りつける「しつけ」はダメなのか?

なぜ、叱る方法が悪いのでしょうか。

強く叱りつけることで、子犬はトラウマなったり、飼い主の表情をいつも気にする性格になったりしてしまうからです。

また、萎縮したり、怯えたり、逆ギレしたりと想定外の反応示すこともあるでしょう。

その結果、人間に近づかなくなったり、攻撃的になったりし、周囲から「怖い犬」と認識されてしまいます。

「しつけ」と称して「叱りつける」ことは、結果的に好ましくない方向に向かってしまいます。

「叱る」以外のしつけの方法を考えましょう。

2 甘噛みををやめさせる「しつけ」を考える

机や椅子、場合によっては壁などを愛犬が噛むことがあります。

人間にとってみれば、困った行為ですが、子犬にとっては必然的な行為です。

自然な欲求です。

だからといって「なんでも噛んでもOK」でなく、「ダメな場所はNO」と教えることが大事です。

「犬の要求は満たしながら、事故やケガにつながるような行動は無くす」ことを目指し、しつけをしましょう

3 しつけを「飴」と「鞭」に例えるならば

犬をしつける場合、

飴は、ご褒美の「おやつ」や「褒める言葉」です。

鞭は、愛犬に背を向けて「無視する姿勢」です。(大声で注意したりしません)

賢い犬ならすぐに理解する犬もいますが 多くの犬は難しいので気長に繰り返して教えましょう。

我が家の犬のように、「ダメ」と言われると反抗するタイプは、無視をして沈黙で「やってはいけないこと」を伝えます。

鼻を押さえつけたり、口の中に手を入れるような「しつけ」はよくありません。

「ダメ」と言われても、犬にしてみれば「構ってくれた」「うしれい」と勘違いしてしまうこともあります。

静かに冷たい態度で「ダメ」なことを伝えます。

4 代替え品を渡す

子犬であろうと、成犬であろうと、噛みたい欲求は満たしてあげるましょう。

そのために、代替え品(噛んでもいいもの)を用意します。

お勧めなのが、アキレス腱やガムなどのおやつです。

しかし、大型犬の場合はいくらあってもすぐに食べてしまい、摂取カロリーも気になります。

そこでお勧めなのが、おやつのように与えることができる「牛の蹄」です。

5 代替え品のメリット、デメリットを上手に利用する

犬用のガムやアキレス腱などは、5分程は持ちますが、すぐに食べ終わってしまいます。

しかも肥満の元にもなります。

そこで先ほど紹介した「牛の蹄」です。

犬の噛みたい欲求に答えてくれるアイテムです。

しかも大型犬が遊んでも、数日は遊ぶことができます。

(引用 楽天画像より  お値段も1個 300円ぐらい)

ただし、どのような商品もデメリットがあります。

ある報告では、牛の蹄で遊んでいると「歯が破損した」「誤飲した」とありました。

しかし、よく考えてみると「牛の蹄」以外な物を噛んでいるほうが、より危険ではないでしょうか。

例えば、コンセント、化粧品、スプレー缶、プラスチック容器などは本当に危険なものです。

(以前、愛犬が除虫スプレーを噛んでしまいました。さすがに焦りました。)

歯形が残ってます ↑

もちろん、ずーと「牛の蹄」で遊ばせることもよくありません。

我が家では、思考錯誤して実施した方法は、時間を定めて「牛の蹄」を与えることでした。

(人間の)昼食、夕食時間、落ち着いてもらうために「牛の蹄」を与えています。

ただ、気になるのが蹄の「臭い」です。

スモークした蹄は、多少臭いが少なくなりますが、「臭い」については多少あきらめる必要があります。

小さくなったら誤飲を防ぐためにも処分しましょう。

まとめ

「しつけ」は、アイテムの活用を最大限利用しましょう。

もちろんアイテムを利用することで、デメリットはありますが上手に活用しましょう。

「しつけ」は、家族で行うのが難しければ「しつけ教室」に預けることも一つです。

しかし、「しつけ教室」も値段がかかるので、「しつけのDVD」を利用するのも良い方法だと思います。

愛犬に合わせて色々試してみましょう。

 

関連記事

  1. 実録!保護犬を飼って分かったこと。飼う前に確認したいこと
  2. 犬 長生き 方法 愛犬が長生きする秘訣はゲージ訓練だった。
  3. 愛犬と一緒に軽井沢にお出かけ。おすすめスポット4選。ドックランも…
  4. ペット保険 失敗しないための「ペット保険」の選び方|安い保険料、充実した保障…
  5. 足腰が弱り始めた老犬。歩けなくなる前にできる6つのこと 運動編
  6. 手作りダブルリード(犬用)で散歩しよう。|事故・怪我防止・気管虚…
  7. イージーウォークハーネス じいちゃん、ばあちゃん、子供、妻でも、怪我なく安全に犬の散歩をす…
  8. シベリアンハスキー ミックス 寝相 悪さ らっくん シベリアンハスキー ミックスの 寝相の悪さ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP