その他

犬〇を作れば、トイレや留守番の失敗から病気の心配だって楽しめる。

長年、犬を飼って気づいたことは、愛犬家同士の「犬〇づくり」の大切さです。

〇に入る言葉は、「友」です。

犬を飼えば、良い事も、悪い事も、心配事も起こります。

だから、心配は小さく、喜びを多きくするためにも、犬友と交流を楽しまないと「損」することに気づきました。

犬友を作れば、犬の病気から面白かったことまで、様々な情報を得て楽しくなります。

そこで今回は、私が「犬友を作って良かったこと」を具体的にお伝えします。

1 犬友の素晴らしさ

犬の散歩中、道の反対側から同じように散歩をしている犬を見れば避けたくなりませんか。

私も相手側の都合もあるので、 避けるように散歩をしています。

しかし、犬同士が接触を避けるよりも、交流させることが犬の社会性も健全に育つことに気づかされました。

我が家の犬の場合、

元気で活発な犬に対しては、一緒に走り回り、

小型犬に対しては、犬パンチをして威張り、

大型犬に関しては、目を合わせず微妙な距離をとり逃げています。

こんな経験は、犬友同士の交流でしか体験させてあげることはできません。

最初の頃、集まった犬の数に怯えていましたが、今はその場に行くことが楽しみにしています。

次第に社会性が身につくと、犬友が集まる公園では吠えずに遊ぶようになりました。

また、犬友のSさんも、愛犬が落ち着いて過ごせるようになった変化に驚いていました。

交流の場は、愛犬家のやさしい気持ちと犬同士の交流で素敵な場所になっていると感じています。

そして、意外な愛犬の一面も発見することができます。

2 犬友は貴重な情報源

例えば、しつけのこと、病気のこと、病院の善し悪しなど、欲しい情報はほとんど手にいれることができます。

愛犬の健康に大切な情報もたくさん手に入れることができます。

ペットロスになったKさんの場合、同じ経験をした犬友のアドバイスで再び犬を飼う勇気をもらった、と話していました。

愛犬家同士だからできる交流は、飼い主や犬にとって素晴らしい場所です。

犬にとっては、生き生きと遊べる場となり、

飼い主にとっては貴重な情報を得る場となります。

3 交流の場はどこにある

広い公園、無料のドックランなどが候補にあげることができます。

有料のドックランや、カフェは一期一会な出会いとなってしまい、交流を続ける場としては難しくなります。

ただ、交流の場は意外と少なく、探すことが大変な場合もあるでしょう。

もし、犬が何匹も集まっている場を見つければ、ぜひ訪問しましょう。

老若男女、犬を通じて会話を楽しむこともできます。

我が家は、車で20分かかりますが、週に1回のペースで通っています。

 

追伸:犬友ができて気づいたことは、「DOG DEPT」というメーカーのファッションアイテムを持っている方が多いいこと。

軽井沢のアウトレットモールに、ドックランつきの「DOG DEPT カフェ」があります。

(店内のカフェの様子)  シャツからバックまで販売しています。

楽天ショップ、ブランド古着の買取販売カンフル
では、「dog dept」古着になりますが販売していました。
数百円で買えるものもあるので、面白い買い物もできるかもしれませんね。

 

 

関連記事

  1. 甘噛み対策 子犬 方法 しつけ 犬の「しつけ方」に困ってませんか。甘噛み対策から犬のしつけ方を考…
  2. 老犬(シニア)は、何歳まで元気で過ごせるのか。(25歳を超えるこ…
  3. 犬 長生き 方法 愛犬が長生きする秘訣はゲージ訓練だった。
  4. 足腰が弱り始めた老犬。歩けなくなる前にできる6つのこと 運動編
  5. 後悔しないために 老犬(シニア犬)の怪我を無くす10の方法。後編…
  6. 臨終前?老犬が亡くなる前の様子とは|後悔しない最後の見届け方
  7. 後悔しない為に 老犬(シニア犬)の怪我を無くす10の方法。前編
  8. ペットの薬代(フィラリア、ノミ退治等)を劇的に節約する方法。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP