食事

老犬が食事(ドックフード)を食べない時 対応はどうする

ドックフード

食べないと心配

若いワンちゃんでも、ドックフードを食べないことがあれば、心配になります。

老犬なら尚更です。

体調が悪いのだろうか?

わがまま?

ドックフードがまずいのか?

と色々考えてしまいます。

家族以上に気を遣っていた私です。

こんな時、「話せればな~」と痛感すること、誰しも体験した事あるのではないでしょうか。

そこで、今回は、飼い主さんだからこそ気付くことができる「食べない原因」を整理してみました。

1 食べない原因を探る

なぜ

犬も人間と同じで、歳を重ねれば運動量も減り、代謝が悪くなります。

食が細くなることは自然なことです。

しかし、それ以外の病気などを疑いながら愛犬を観察しましょう。

では、どのようなことが考えられるが一つずつ見ていきましょう。

2 贅沢病

贅沢

人間の食事や、おやつをよく食べているワンちゃんの場合、病気の前に贅沢病が考えれます。

この見極めが難しく重要です。

飼い主さんしか分からないことかもしれません。

判断は、以下の点を注意してみましょう。
・元気はあるか。
・散歩はいつものペースか。
・嘔吐・下痢などないか
・体重の変化

「どーせ、また、わがまま」と思わず、病気、老化も疑いながら、全体で把握しましょう。
飼い主の「うちの犬はきっと大丈夫」と思いたい気持ちが、手遅れにする場合もあります。

では、贅沢病だったらどうするか?
毅然に振る舞うことです。

怒る必要はありません。

時間になったら片づける。

食後は「よく食べたね」と褒めるなど基本的なルールだけは守りましょう。

飼い主との関係が崩れないようにすることが大切です。

3 体調不良

犬 体調 

あまり考えたくないことです。

しかし、嘔吐、目やに、皮膚の状態、よだれ、口臭、排泄物の様子がいつもと異なれば要チェックです。
お世話になっている獣医さんからは、「散歩中のうんち・おしっこの量・色、形をチェックすることが大事」と言われました。

確かに、目で見て一番よくわかることです。

ワンちゃんは我慢強いため、サインを見落とて悪化さないことが大切です。

普段からのよく観察をしておきましょう。

人間と同じように観察し、便秘、下痢、うんちの量、臭いに 「アレ」 と思ったら、すぐに獣医さんと相談しましょう。

4 老化による食欲の低下

運動量も減り、代謝が悪くなるので仕方ないことです。

病気と違い、食べなくても体重はあまり変わりません。

代謝が悪くなった分、食べる量も減ったことになります。

ある意味、年齢をしっかり積み重ねてきた証拠です

今後の食事は、量よりも質に配慮しましょう。

今日、質の良いドックフードも沢山でていますね。

まとめ

老化による食欲の低下なのか?

病気に関わる食欲の低下なのか?

飼い主としては、普段と違う様子をしっかり観察することが大事です。

3日程、食べないと老犬の場合は一気に健康を害します。

そのため、2日間いつもと違う様子があれば通院をお勧めします。

可能であれば、便を持っていきましょう。

診断も早く、正確になります。

関連記事

  1. 老犬(高齢犬)が食事を食べないとき、元気を取り戻す8つの方法
  2. シニア(老犬)が、食べれなくなる前に気づいてあげたい6つの症状。…
  3. 老犬のうんちコンディションを良くする方法。便秘や下痢に効果絶大の…
  4. 老犬 嘔吐 老犬(シニア犬)がドックフードや餌を吐いた時に知っておきたい3つ…
  5. 老犬が何も食べない時、おすすめの食べ物・リスト
  6. 元気に散歩 老犬(シニア犬・高齢犬)の健康寿命を伸ばす食事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP