老化

老犬・高齢犬の散歩中、爪が地面に擦れる音がしたらナックリング対策を!

ナックリング

高齢だった愛犬が寝たきりになった原因の一つは、ナックリングによる足の怪我でした。

もちろん様々な理由はありますが、ナックリングは大きなきっかけでした。

*ナックリングとは、足の裏で歩かず、甲で歩いてしまう状態。

グーのような形で歩き、足を引きずり、爪から血がでることもあります。

 

愛犬が、高齢の域に達しているのであれば、足の状態には細心の注意を払いましょう。

なぜなら、深刻なナックリング症状になる前に、様々な対策ができるからです。

そこで今回は、老犬・高齢犬の足の怪我「ナックリング対策」についてまとめてみました。

 

初期症状

愛犬の老化が進むにつれて、歩き方がヘコヘコするようになりました。

「まあ年を取ったから仕方ないな」

「愛らしい歩き方だな」と思ったりしました。

当時の愛犬の様子は、

・前足を一歩出す時に、外側に足を振り回すような形で足を出す。

・時々、地面と爪がこする音(シュー)がするようになる。

しかし、今まで元気だったので、どこかで愛犬の様子に違和感を覚えつつも、「気づき」には至らりませんでした。

結果的に放置し、気づいた時は、ナックリング症状が癖になっていました。

 

中期症状

散歩に行きたがらなくなりました。

そこで病院に行き、ナックリングであると知らされ、初めてこの症状について知りました。

「今まで元気だったから・・・」そんな身勝手な解釈が症状を悪させてしまいました。

ナックリングになる原因は様々ですが、筋力の低下、足の不調等で起きやすくなるようです。

足の不調をかばうために、さらに足に負担がかかり、ナックリング症状が重度化することも。

 

後期症状

筋力の低下、ナックリング症状も重なり、立ち上がることもできなくなる。

寝たきりとなることも。

トイレ等の介護は必要になります。

 

できる予防策

・爪の長さは適切にしましょう。

・散歩コースの選択。(下り階段は避ける)

・足を痛めた場合は、ナックリングが悪化させないためにも無理して散歩をしない

・ナックリングを防ぐ靴を履かせる。

引用 楽天より (サポーターみたいに使用します。)

 

まとめ

歳を重ねても、足の健康はなるべく維持したいものです。

体力の減少が散歩の減少につながり、体重が増えることも。

その結果、足の負担が増え、関節痛を引き起こし、歩く距離が更に減少します。

足腰の低下と伴い、ナックリング症状も現れると健康を害します。

できる対策は沢山あります。

老化と上手に付き合いながら、元気な老後が過ごせるように工夫しましょう。

 

関連記事

  1. 老犬(シニア犬)の老化度をチェックをしてみよう。外見編
  2. 後悔しないために 老犬(シニア犬)の怪我を無くす10の方法。後編…
  3. 老犬の咳、犬の心臓病「僧帽弁閉鎖症」と上手に付きあう方法
  4. 老犬(シニア犬)のための、老化度チェック。動作編
  5. 犬 愛犬、大丈夫?散歩を嫌がりはじめたら老化現象かも。老犬ための4つ…
  6. 散歩 健康 チェック 病気 老犬・高齢犬は散歩で健康チェックしよう。健康寿命を延ばした4つの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP